マーケターの転職にはポートフォリオが必須って本当?作り方まで徹底解説

副業全般

マーケターへの転職を考えている人は、やはりより良い会社に転職したいですよね。

ポートフォリオを作成することで、自分の実績や強みを視覚的にアピールすることができるため、職務経歴書だけで面接を受けるよりも、就職に有利になる可能性があります。

そこで今回の記事では、マーケターがポートフォリオを作るメリットや作り方について、徹底解説していきます。

【今回の記事でわかること】
1:ポートフォリオを作るメリット
2:効果的なポートフォリオの作り方

 

ポートフォリオとは

「そもそもポートフォリオについていまだによく理解していない…」という方もいるのではないでしょうか?そこで、ここからはポートフォリオについて詳しくお伝えします。

自分をプレゼンする視覚的な資料

ポートフォリオとは、自身のこれまでの仕事や成果物などをまとめ、一つの資料として示すもののことです。デザイナーなどのクリエイティブな分野の就職活動では、必須の条件になることも多いです。

職務経歴書ではわからない、その人の能力や特性を視覚的に伝えることができるため、「自分をプレゼンする資料」というふうに捉えることもできます。

一般的にポートフォリオはデジタル形式で作成されます。デザイナーであれば自ら情報を整理しレイアウトしても良いですが、そういったスキルに自信がない方は専用のツールを使用することがおすすめです。魅力的なポートフォリオが作成できるツールについては、後ほど紹介しますのでぜひチェックしてください。

 

 

マーケターがポートフォリオを作成するメリット

デザイナーの就職時によく使われるポートフォリオ。
「マーケターの就職には必要ないのでは?」と思われる方も多いでしょう。確かに、マーケターの業種ではポートフォリオは必須ではありません。しかし、必須ではないからこそ、周りと差をつけられるチャンスとも捉えられます。
以下に、マーケターがポートフォリオを作成するメリットを解説していきます。

Web関連の転職ではポートフォリオがあると有利

マーケターの中でも特に、Web関連の業種に就きたいと考えている方は、ポートフォリオがあると有利になる可能性が高いです。

まず、Webマーケティングの分野では、これまでのあなたの実績が重要な要素となります。過去にWeb関連のプロジェクトを行って成果を出した経験がある場合、ポートフォリオに示すことで具体的な実績の証明となります。

また、デジタル広告やSEO、SNSマネジメントなど、多様なスキルが求められるのがWebマーケターです。時には、デザインのセンスやアイデアを求められるシチュエーションもありえます。こうした視覚的な成果物は、職務経歴書だけではイメージしづらいため、ポートフォリオを用いて実例を示しながらアピールすると効果的です。

 

転職が有利になるポートフォリオの作り方

テンプレート内容

ポートフォリオを作る際に必要になる、一般的な内容を説明します。

表紙

シンプルで良いので、表紙を作成しましょう。
以下の3つは必ず記載するようにしましょう。

  • タイトル
  • 氏名
  • 日付

自己紹介

ポートフォリオだけでもあなたのことが伝わるように、自分のプロフィールを記載しましょう。
以下のような情報を載せてください。

  • 氏名
  • 顔写真
  • 生年月日
  • 連絡先(電話、メールアドレス)
  • 簡単な経歴(大学、職場など)
  • 資格・スキル(使用可能なWebツールなど)
  • 自己PR(業種に沿った強み

自分がその会社にどれだけマッチした人材か、スキルや自己PRの欄でアピールしましょう。

作品・業績紹介

以下のような項目を具体的に記載しましょう。

  • タイトル
  • クライアント名(記載できる場合)
  • 作成日、作成期間
  • 作品画像、URL
  • 概要
  • コンセプト、意図
  • 自分が担当した業務、使用したツール
  • 成果

画像を淡々と載せるだけではなく、どのような意図で制作し、どんな工夫をしたのか、それによってどんな成果が得られたのかを具体的に書くことが大切です。数字を有効に使いましょう。

 

おすすめのポートフォリオ作成ツール

「自分で1からはポートフォリオを作成できない、、」と悩まれている方におすすめの、ポートフォリオ作成ツールを3つご紹介します。ぜひご活用ください。

MATCH BOX

MATCHBOXの魅力は、とにかく簡単にポートフォリオが作成できるところです。IllustratorやPhotoshopなどのツールをお持ちでない方や、コーディングの知識が浅い方でも、ポートフォリオに掲載したい画像データやURLなどの素材があれば、あっという間にポートフォリオが完成します。これまでの実績を綺麗にまとめるだけでなく、「案件の概要」「関わり方」「ポイント」といった、採用担当者が知りたい情報を押さえたポートフォリオが作れるのも魅力の1つです。

salon.io

ドラッグ&ドロップで、簡単にポートフォリオサイトやWebサイトが作成可能なサービスサイトです。コーディングの知識は必要ないので、Webデザイナー経験者はもちろんのこと、Webデザイナーへの転身を考えている人にも最適なサービスです。登録方法もユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力するだけと簡単です。無料で利用できるのは、3ページ・150イメージとなります。

portfoliobox

全世界で25万人以上のユーザーが利用しているというポートフォリオに特化した作成サービスサイトです。表示がすべて英語になるので、操作に手間取る人もいるかもしれませんが、ブラウザの翻訳機能を使えば、その問題はすぐに解決できると思います。レイアウトのテンプレートも充実しており、背景色の変更やフォントも思い通りにカスタマイズできるのが最大の特徴です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では、マーケターの転職におけるポートフォリオの必要性について解説してきました。

本記事で紹介した内容を参考にして、転職活動を優位に進めてください。

副業探しにおすすめのSOKKIN MATCHとは

世の中にはたくさんの副業があるため、自分に合った副業を選ぶのが大変という方も多いのではないでしょうか?副業選びに困っているという方は、副業マッチングサービスのSOKKIN MATCHがおすすめです!ぜひ副業探しにお役立てください。

SOKKIN MATCHは企業の人材課題に対して厳選したマーケター/クリエイターをマッチングし、企業の事業課題を解決するサービスです。

SOKKIN MATCHの運営事務局は、元大手WEB代理店のトップマーケターが運営しているため厳選されたスキル診断によりミスマッチなく最適な案件へのアサインができます。

また、定期的なフィードバック面談や皆様の案件対応へのサポートにより安定したプロジェクト進行が見込め、皆様の持続的な収益拡大へのサポートが可能となります。

そして、スキル診断の結果・稼働条件・企業側からの評価などによって、SOKKIN MATCH事務局より企業側へ報酬単価アップの交渉を行います。

報酬単価アップの交渉を行うことで持続的に案件に取り組んでいただき、皆様のモチベーションアップと市場価値最大化に貢献して参ります。

こちらのWEBサイトでは、案件のご紹介や複業術など随時配信してまいりますので、無料でプロフィール・スキルシートへのご登録してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修者SOKKIN MATCH事業責任者/倉田 裕貴
SOKKIN MATCH事業責任者:倉田裕貴 株式会社SOKKIN 人材事業責任者

株式会社サイバーエージェント、シニアアカウントプレイヤーとして大手企業のコンサルに従事。WEB・アプリ問わず、運用ディレクションをメインに幅広い業種のお客様の課題へ対応してきた実績を持つ。2022年、株式会社SOKKIN入社後、SOKKIN MATCH事業責任者に従事。

\好条件求人、続々掲載中!/
SOKKIN MATCHのご登録はコチラから >




副業全般
SOKKIN MATCH
タイトルとURLをコピーしました