マーケター系フリーランスの職種一覧!仕事別のメリット・デメリットもご紹介

副業全般

近年、メジャーになりつつある「フリーランス」という働き方。中でも特にマーケター系の仕事の需要が高まりつつあります。

広告代理店や事業会社でマーティンング関連の仕事をしている方の中には、フリーランスとして独立を考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、フリーランスの定義、マーケター系フリーランスの職種一覧と仕事別のメリット・デメリットについて徹底解説していきます。

【今回の記事でわかること】
1:フリーランスとは
2:マーケティング系フリーランスの職種一覧

本記事を読めばのマーケター系フリーランスの仕事内容がわかります。

「フリーランスってそもそもどんな仕事?」「フリーランスになるメリットって?」という疑問を抱えている方は以下の関連記事をご一読ください。
【関連記事】フリーランスとは?メリット・デメリット、向いている人の特徴も徹底解説!

フリーランスとは

そもそもフリーランスとは、どのような人のことを指すのでしょうか?以下に詳しくご紹介します。

フリーランスの定義

フリーランスとは簡単にいうと、業務委託契約を結んで個人で仕事をする人のことを指します。

会社員と大きく違う点は、雇用契約ではなく業務委託契約を結ぶ点にあります。企業との雇用契約が存在しないため、勤務場所や労働時間に縛られず柔軟性のある働き方ができます。

おもにデザイナー・編集者・Webライター・プログラマー等の職種をしている場合が多いです。

【フリーランスの語源】
フリーランス(Freelance)は、「Free(自由)」「Lance(槍)」を組み合わせた言葉です。中世ヨーロッパ時代に、個人で雇われた兵士(兵士=槍を持って戦う人)がフリーランスと呼ばれていたことが起源とされています。

個人事業主とフリーランスの違いは?

フリーランスと個人事業主の大きな違いは、「開業届」を出しているかどうかです。開業届を出した場合は、個人事業主とされます。

また、根本的な違いとして個人事業主は税務上の言葉であり、フリーランスとは働き方を指す言葉であるという違いがあります。

【関連記事】個人事業主とは?副業をしている会社員は個人事業主としての開業が必要?

フリーターとフリーランスの違いは?

フリーターとは、アルバイトやパートをすることによって給与所得を得ている人たちのことを指します。つまり、フリーターは正社員以外の雇用形態ではありますが、企業に雇用されています。フリーターとフリーランスの大きな違いは、フリーターが企業に雇用されているのに対し、フリーランスは個人で業務委託契約を結んで仕事をしているかの違いになります。

副業とフリーランスの違いは?

副業とフリーランスの大きな違いは、雇用契約を結んでいる本業が存在するかしないかの違いになります。副業は、雇用契約を結んでいる本業の傍ら行う仕事のことであるのに対し、フリーランスは企業と雇用契約を結ばずに自由に仕事をすることを言います。

マーケター系フリーランスの職種一覧

マーケター系フリーランスの仕事は、スキル次第で高収入が期待できます。一方で、豊富な実務経験などが求められることも多いため難易度は比較的高いです。以下に、おすすめのマーケター系フリーランスの仕事一覧とそれぞれの良い点・悪い点をご紹介します。

Webマーケター

マーケティングの知識を駆使し、戦略を立てる業務を行います。コンセプトやターゲットの絞り込み、SNS運用やSEO記事の対策など業務内容は多岐にわたります。

案件が高単価である傾向のため、比較的稼ぎやすいと言えます。社会に出て実務経験を積み、フリーランスに転職する場合が多いです。

・高収入が期待できる
・ブログのテーマは自由に決めて良いので、好きなことを仕事にできる
・企画力・幅広いWebスキルが必要
・実務経験が必要

Webディレクター

WebディレクターはWebサイトの制作における総監督であり、Webサイトを制作する各メンバーへの指示出しなどを行います。プログラマーやデザイナー、ライターなどのスタッフを束ね、クライアントが満足するWebサイトを作り上げます。予算の管理や進行確認、必要なスタッフの選定、コンテンツの品質管理など業務は多岐にわたります。

直接制作に関わるわけではないですが、的確な指示を出すためにも最低限のプログラミングスキルやデザインスキルを身につけていた方が良いでしょう。

・多くの人と関わりながら仕事ができる
・人手不足で需要が高い
・リーダーシップ・最低限のプログラミング/デザインスキルが必要
・幅広いWeb知識が必要

データサイエンティスト

データサイエンティストとは統計学・情報工学などの知識を駆使しながらデータを分析する仕事です。インターネットが当たり前となった現代、データを有効活用することは必要不可欠です。膨大なデータを取り扱うデータサイエンティストは専門的な知識が求められます。

データを分析するだけでなく、その結果を元にレポートを作成し解決するべき課題を定義することも求められます。

・先端IT人材は今後も人手不足が予想されているので需要が高い
・企業の意思決定に大きく関わることができる
・情報処理・統計学・ビジネススキルが必要
・日々進化するIT技術の動向に対応する必要がある

Webライター

Webにおける記事を執筆します。未経験でも始めやすいと言われており、初心者におすすめの仕事と言えます。「1文字○円」というように、報酬が決まっており、記事内容や執筆スキルに応じて単価は変動します。専門性が高い記事は文字単価が高い傾向があります。

・専門知識がなくても始めやすい
・ブログのテーマは自由に決めて良いので、好きなことを仕事にできる
・収益化するまでに時間がかかる
・成果報酬ではないため収益が安定しない

ブロガー

Webサイトを運営し広告収入などを得る仕事です。Webライターと似ていますが、Webライターは業務委託で仕事を受注するのに対し、ブロガーは自身のサイトを運営することでそこから得た広告収入を得ます。

パソコンとインターネット環境があれば誰でも気軽に始めることができます。ただし、Googleなどの検索結果上位に表示されて広告が多くクリックされるためには、SEO知識やマーケティングスキル、特定の分野への知識がなど必要になります。

ブログが収益化するまでに時間がかかるため、すぐに稼ぎたいという方にはお勧めできません。

・専門知識がなくても始めやすい
・ブログのテーマは自由に決めて良いので、好きなことを仕事にできる
・収益化するまでに時間がかかる
・成果報酬ではないため収益が安定しない

広報・PR

広報・PRは商品やサービスなどの知名度を上げる仕事です。商品・サービスが新しくなるする際に社外に対して配信する「プレスリリース」と呼ばれる記事を書く業務も行います。

優れた広報・PR活動を行うためには、さまざまな人の手を借りることが重要となります。そのため「人脈づくり」が非常に重要となります。

・自分がPRした商品が世の中で大きく話題になればやりがいになる
・人手不足のため、需要が高い
・優れた広報・PR活動を行うためには、人脈が広くなければならない
・経験不足だと稼げない

フリーランスの仕事に関する質問

Q.フリーランスになるのに必要な手続きはある?

フリーランスになるのに必要な手続きは、「開業届」の提出です。この手続きは費用がかからず、税務署に書類を提出することで完了します。提出しなかったからと言ってペナルティはありませんが、開業届を提出することで青色申告ができるようになるので、節税対策につながります。

【参考】国税庁「個人事業の開業届出・廃業届出等手続」(2023年5月11日)

Q.フリーランスになったら確定申告しなければならない?

フリーランスは、給与から税金が特別徴収される会社員に対し、自分で直接税金や社会保険料を納めなければなりません。所得税や住民税、国民年金など様々な税金を納める必要があり、当然年に1回確定申告もしなければなりません。

Q.フリーランスになる前に必要な準備は?

フリーランスはサラリーマンに比べて社会的信用が低いとされています。そのため、会社員のうちにクレジットカードの契約・不動産の賃貸契約・銀行口座の開設などをしておくことをお勧めします。

銀行口座はフリーランスの仕事専用の銀行口座を作っておくと良いでしょう。フリーランスは自分で経理もしなければならないので、私用の銀行と分けて管理した方がわかりやすく、会計ソフトと同期して有効活用できるなどのメリットがあります。

また、フリーランスの仕事は収入が不安定であるので最低でも半年分の生活費を貯蓄しておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では、マーケター系フリーランスの仕事内容についてご紹介しました。

マーケター系フリーランスの仕事はニーズが高くなっている傾向があります。リモートワークなどの普及により多様な働き方ができるようになった昨今、即戦力のフリーランスになる働き方は珍しくありません。フリーランスは努力次第では大きく稼ぐこともできます。自身のスキルを活かして、フリーランスを検討してみてはいかがでしょうか。

フリーランスだけでなく副業をしてお金を稼ぐという方法が主流になりつつあります。世の中にはたくさんの副業があるため、自分に合った副業を選ぶのが大変という方も多いのではないでしょうか?副業選びに困っているという方は、副業マッチングサービスのSOKKIN MATCHがおすすめです!ぜひ副業探しにお役立てください。

副業探しにおすすめのSOKKIN MATCHとは

SOKKIN MATCHは企業の人材課題に対して厳選したマーケター/クリエイターをマッチングし、企業の事業課題を解決するサービスです。

SOKKIN MATCHの運営事務局は、元大手WEB代理店のトップマーケターが運営しているため厳選されたスキル診断によりミスマッチなく最適な案件へのアサインができます。

また、定期的なフィードバック面談や皆様の案件対応へのサポートにより安定したプロジェクト進行が見込め、皆様の持続的な収益拡大へのサポートが可能となります。

そして、スキル診断の結果・稼働条件・企業側からの評価などによって、SOKKIN MATCH事務局より企業側へ報酬単価アップの交渉を行います。

報酬単価アップの交渉を行うことで持続的に案件に取り組んでいただき、皆様のモチベーションアップと市場価値最大化に貢献して参ります。

こちらのWEBサイトでは、案件のご紹介や複業術など随時配信してまいりますので、無料でプロフィール・スキルシートへのご登録してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修者SOKKIN MATCH事業責任者/倉田 裕貴
SOKKIN MATCH事業責任者:倉田裕貴 株式会社SOKKIN 人材事業責任者

株式会社サイバーエージェント、シニアアカウントプレイヤーとして大手企業のコンサルに従事。WEB・アプリ問わず、運用ディレクションをメインに幅広い業種のお客様の課題へ対応してきた実績を持つ。2022年、株式会社SOKKIN入社後、SOKKIN MATCH事業責任者に従事。

\好条件求人、続々掲載中!/
SOKKIN MATCHのご登録はコチラから >




副業全般
SOKKIN MATCH
タイトルとURLをコピーしました