副業農家の始め方は?販売方法は?副業農家が稼ぐためのコツもご紹介!

副業全般

週末だけ農業をおこなって、本業とは別の収入を得る「副業農家」が注目されています。農業経験のない方には、一見難易度が高いと思われるでしょうが、道具が揃えられていてプロ農家のサポートもある「シェア畑」など気軽に副業農家を始められるサービスが増えています。コロナ禍の影響で、テレワークを行いながら週末の農業で運動不足解消という方も増えています。

本記事では、副業農家の定義、副業農家の始め方、副業農家が稼ぐためのコツ、そもそも副業を始める際の注意点などについてご紹介します。副業農家に興味がある方はぜひご覧ください!

副業農家とは

農林水産省「用語の解説(p.309)」(2023年3月23日)

副業農家とは本業とは別の収入源として、農業を行う人を指します。「農家」の定義については上記の農林水産省の図をみてください。

農林水産省の定義を見ると、農産物販売金額が年間15万円以上ある世帯のことを「農家」と定義することがわかります。単純計算すると、農業だけで月に1万2500円以上の売り上げがあれば誰でも「農家」と名乗ることができます。思ったよりも、農家になるハードルが低く感じた人が多いのではないでしょうか。

「副業的農家」の定義は「一年間に60日以上自営農業に従事している65歳未満の世帯員がいない農家」とされています。こちらの定義によると、主業農家との違いを定義したような意味にとれ、私たちがイメージする「本業と別の収入源として農業を行う」という意味の「副業農家」とは少し意味が異なるようです。

副業農家の始め方

農作物を育てるためには、まず農作物を育てる耕地を準備する必要があります。広大な土地をはじめから用意する必要はなく、最近ではシェア畑に代表されるように初心者でも気軽に副業農家を始めることができるサービスが増えてきています。以下にその例をいくつかご紹介します。

シェア畑

シェア畑とは、複数の人が一つの農地を共有し、そこで栽培された野菜や果物をシェアする仕組みのことを指します。

一般的には、農家が持つ空き地や借地を複数の人で分け合い、それぞれが一定期間、自分たちで育てた野菜や果物を収穫します。収穫した野菜や果物は、メンバーで分け合ったり、市場や直売所で販売したりします。

シェア畑に参加する場合は、参加費や管理費などが必要になる場合がありますが、一般的にはリーズナブルな価格で参加できます。また、シェア畑は季節ごとに畑を分け、ローテーションで土壌を休めるなど、環境にも配慮した農業が行われていることも多いです。

畑はプランターと違いたくさん水を保持しているので、週一程度の水やりでも大丈夫なことがあります。週末しか畑にいけないという方も安心して副業農家をすることができます。

シェア畑を始める方は、未経験の方も多いです。また、必要な道具が完備してあり、野菜作りのプロがサポートする場合もあるので全くの農業未経験の方でも比較的始めやすい方法となっています。

興味が湧いた方は、ぜひお近くのシェア畑を検索してみてください!

市民農園

市民農園とは、市民が一定の費用を負担して、都市部の空き地や公園などで農作業を行うことができる施設のことを指します。都市部では人口密集による緑地不足などが課題となっており、市民農園は、その解決策の一つとして注目されています。

市民農園は、都市部にある公園内や空き地などに設置され、市民が小区画で農作業を行うことができます。市民は教育訓練を受けた後、自分が栽培する作物を選択し、栽培業務を行います。作物は自分で食べたり、直売所などで販売することもできます。また、市民農園は都市の景観を豊かにし、地域のコミュニティーを形成する場としても機能しています。

今後、人口増加が進む都市部では、市民農園の需要が高まることが予想されます。

家庭菜園

家庭菜園とは、自宅の庭やベランダなどの限られたスペースを利用して、野菜や果物などを自分で栽培することを指します。

家庭菜園は、最近では都市部でも注目され、栽培方法や種類に応じて、コンパクトな家庭菜園キットから、ベランダ菜園、屋上菜園、縦型菜園、小型温室など、様々な形態があります。また、栽培に必要な土や肥料、種類についても、ホームセンターやインターネットなどで手軽に入手することができます。

家庭菜園は、初心者でも手軽に始めることができる趣味です。自分で作った野菜を食べることは、喜びや達成感を感じることができ、生活に彩りを与えることができます。

一方で、副業農家でたくさん稼ぎたいと思っている方は、農地が限られている家庭菜園は向いていないかもしれません。大量生産できる広い土地を用意しましょう。

こんな方法も!農家アルバイト

農業アルバイトとは、農業関連の仕事をするために短期的に雇用される人のことを指します。農業アルバイトは、農家や農業企業によって、収穫期や育苗期などの忙しい時期に、労働力不足を補うために雇われることが一般的です。

農業アルバイトには、収穫作業や畑の管理、農作物の収穫・梱包・出荷、家畜の世話、農機具の整備や運転など、多様な仕事があります。農業アルバイトは、通常のアルバイトと同様に、時給や日給で報酬を受け取ることが一般的です。

農業に関心があるという方は、まずは農業アルバイトに挑戦してみてはいかがでしょうか。

週末農家の魅力

・自然と触れ合い、ストレス解消
・自分が作った野菜を食べられる楽しさ
・地域活性化にもつながる
週末農家の副業の魅力はいくつかあります。まずは、都市部で働く人々の中には、自然や農業に興味がある人が多いため、農業を通じて自然と触れ合い、ストレス解消やリフレッシュを図りたいという需要があることが挙げられます。また、最近は、食の安全性や地産地消への関心が高まっており、自分たちで作った野菜や果物を食べることができるという点も魅力的な要素の一つです。さらに、農業は地域活性化にもつながり、地域の人々との交流や文化の継承など、社会的な意義もあるため、地域のコミュニティーに貢献したいという人も多いでしょう。以上のような理由から、週末農家の副業が人気となっています。

副業農家は稼げる?

やはり稼ぐためには大量生産が必要

副業農家が稼ぐことは可能ですが、市場の競合状況や農業技術、天候条件、消費者の需要などによって収益が大きく左右されます。また、農産物の生産には多大な時間や労力が必要であり、投資した時間や労力に見合った収益を得ることは容易ではありません。

また、野菜の販売単価は1束何十円という販売価格のため、月に何万円も稼ぐには大量生産する必要があります。

副業農家が稼ぐコツ

・市場ニーズに合わせた農作物の栽培
・加工品の製造や直売所の運営をする
・良質な農産物を提供

それでも、副業農家が稼ぐ方法としては、市場ニーズに合わせた農産物の栽培や、農産物の付加価値を高める取り組み(例:加工品の製造や直売所の運営)などがあります。また、地域の消費者との信頼関係を築き、良質な農産物を提供することによって、定期的な顧客を獲得することも重要です。総合的に考えると、副業農家が稼ぐためには、現場での実践と市場のニーズに敏感に反応することが必要です。

始める前に知っておきたい。副業農家の難しさ

副業農家の難しさとしては、以下のような点が挙げられます。

時間と労力がかかる

農作業は、天候や季節に左右され、多くの時間と労力が必要です。仕事や家族との時間配分を考慮し、スケジュールを立てる必要があります。

技術不足

農業は、専門的な技術や知識を必要とするため、初心者の場合は、学習コストがかかります。また、農産物の品質の向上や出荷用の規格に合わせるために、農業技術の向上が必要です。身近で農業をしている人がいる場合は、相談してみるのも良いでしょう。

マーケティング力が必要

農産物は、競合する市場に出荷するため、品質や値段など様々な要素が要求されます。競争力のある商品を生産するため、マーケティング戦略などを考案し、適切な販売ルートを確保することが必要です。

投資費用の課題

農業は、農機具や肥料・種子など、多くの投資費用が必要です。投資費用を抑えながら、生産性を向上させるためには、上手く作業効率を高めなければなりません。副業で収益を増やす目的で農業を始めようと思っている方は、効率を高めることによって赤字にならない工夫をしなければなりません。

副業で稼ぐための販売方法

副業で稼ぐための販売方法としては、以下のような方法が考えられます。

インターネットを活用した販売

オンラインストアやSNSを使って、自分が栽培した農産物や手作りの加工品を販売することができます。また、農産物の宅配サービスを始めることもできます。

直売所での販売

直近の農産物市場などで、自分が栽培した農産物を販売することができます。また、自分で直売所を開設することもできます。

地元のコミュニティーでの販売

地元の農産物販売イベントや地域の商店街で開催されるマーケットに出店することができます。

卸売市場での販売

農産物の卸売市場で、自分が栽培した農産物を販売することができます。

これらの販売方法は、商品に合わせて最適な方法を選択することが重要です。また、消費者のニーズに合わせて生産を行うことで、ニーズに合わせた商品を提供することができます。販売方法を工夫し、地域の消費者との信頼関係を築くことで、副業で稼ぐことができます。

副業農家に向いている人

以下のような人は、副業農家に向いていると言えます。

自然と触れ合うことが好きな人

農業は、自然と密接に関わる作業です。自然や季節の変化に敏感で、自然と触れ合うことが好きな人にとっては、農業の作業が心地よく感じることが多いでしょう。

継続力がある人

農業は、継続的な作業が必要です。天候や季節に左右されるため、一度始めた作業を中途半端にすることができません。継続的かつ粘り強い作業に耐えられる人が向いています。

好奇心旺盛な人

農業は、専門的な知識や技術が必要です。育てる作物の特性や栽培方法、肥料・農薬の使い方など、多くの知識が必要です。知的好奇心を持って、学ぶことに興味を持っている人が向いています。

コミュニケーションを取るのが好きな人

農業は、地域と密接に関わる作業です。地元の人々とのコミュニケーションを大切にし、地域のニーズに合わせた作物の生産や販売を行うことができます。

マーケティング力がある人

農業は、経営的な視点を持った取り組みが必要です。収益性やコスト管理、販売チャネルの確保など、経営の知見が求められます。経営的な視点を持っている人は、副業農家としての成功の可能性が高いでしょう。

副業農家を始める際の注意点4選

副業をこれから始めるという方には注意しておくべき点がいくつかあります。いくつかご紹介するので、副業を始める前に確認してください。

会社の就業規則を確認する

副業を始める前にまず一番に確認しておきたいことは、会社の就業規則です。就業規則で認められていなくても副業ができる場合もありますが、基本的には会社の就業規則で副業が禁止されている場合は副業がそもそもできません。

副業を始めたいと思っている方は、まず本業で働いている会社の就業規則を確認することをお勧めします。

自己管理をきちんと行う

本業がある方は、副業をする時間などを計画的に考え、本業に影響がないようにしなければなりません。

睡眠時間を削ってまで、無理して働くことは健康上よくなく、体を壊してしまっては本業にも影響を来します。

きちんと時間を管理し、無理のない範囲で続けることが大事です。

税金について理解する

副業で得た年間収益が20万円を超える場合は、確定申告が必要です。

法律に従い、適切に税金を納めることが必要です。収益が20万円を超えたにもかかわらず、確定申告をしなかったら罰則があるので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、副業農家の定義、副業農家の始め方、副業農家が稼ぐためのコツ、そもそも副業を始める際の注意点などについてご紹介しました。

農作物を育てるのが好き、または興味がある、自然のなかでリラックスしたいと言う方はぜひ自分に合った農家副業に挑戦してみてくださいね。

農家副業以外にも副業はたくさん存在します。ぜひ、自分にぴったりの副業を見つけてみてください!「自分1人で副業を探すのは不安…」という方は、副業マッチングサービスのSOKKIN MATCHがおすすめです!

SOKKIN MATCHとは

SOKKIN MATCHは企業の人材課題に対して厳選したマーケター/クリエイターをマッチングし、企業の事業課題を解決するサービスです。

SOKKIN MATCHの運営事務局は、元大手WEB代理店のトップマーケターが運営しているため厳選されたスキル診断によりミスマッチなく最適な案件へのアサインができます。

また、定期的なフィードバック面談や皆様の案件対応へのサポートにより安定したプロジェクト進行が見込め、皆様の持続的な収益拡大へのサポートが可能となります。

そして、スキル診断の結果・稼働条件・企業側からの評価などによって、SOKKIN MATCH事務局より企業側へ報酬単価アップの交渉を行います。

報酬単価アップの交渉を行うことで持続的に案件に取り組んでいただき、皆様のモチベーションアップと市場価値最大化に貢献して参ります。

こちらのWEBサイトでは、案件のご紹介や複業術など随時配信してまいりますので、無料でプロフィール・スキルシートへのご登録してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修者SOKKIN MATCH事業責任者/倉田 裕貴
SOKKIN MATCH事業責任者:倉田裕貴 株式会社SOKKIN 人材事業責任者

株式会社サイバーエージェント、シニアアカウントプレイヤーとして大手企業のコンサルに従事。WEB・アプリ問わず、運用ディレクションをメインに幅広い業種のお客様の課題へ対応してきた実績を持つ。2022年、株式会社SOKKIN入社後、SOKKIN MATCH事業責任者に従事。

\好条件求人、続々掲載中!/
SOKKIN MATCHのご登録はコチラから >




副業全般
SOKKIN MATCH
タイトルとURLをコピーしました