フリーランスライターになるには?仕事内容や平均年収、メリット・デメリットは?

副業全般

自分の好きな場所で自由に働けるフリーランスライターに憧れる方も多いのではないでしょうか。実は、フリーランスライターは誰でもなることが可能です。

ただし、フリーランスライターとして食べていくにはある程度の準備をする必要があります。

そこで今回の記事では、フリーランスライターの仕事内容や平均年収、フリーランスライターになる方法などをご紹介します。フリーランスライターのメリット・デメリットもご紹介するので、フリーランスライターとしての独立を検討している方ははぜひ最後までご覧ください。

【今回の記事でわかること】
・フリーランスライターとは?
・フリーランスライターの仕事内容
・フリーランスライターの平均年収
・初心者ライターは稼げない?
・フリーランスライターになるには
・フリーランスライターのメリット・デメリット

「そもそも個人事業主とは?」「会社員で副業をしているけど個人事業主として開業をする必要があるの?」という疑問を抱えている方は以下の関連記事をご一読ください。
【関連記事】個人事業主とは?副業をしている会社員は個人事業主としての開業が必要?

フリーランスライターとは?

フリーランスライターとは、フリーランスとしてWeb記事や雑誌などの記事を書くライターのことを指します。

近年では、インターネットの普及によりパソコンとインターネット環境があれば誰でもライターにチャレンジできる時代になりました。子育てなどそれぞれのライフスタイルに合わせて、働き方を選べるフリーランスライターを選択する人は増えています。

特別な資格も必要ではないので、他のエンジニア等のフリーランスの仕事よりも、ライターの仕事は始めるハードルが低いです。元々文章力に自身のある方ならすぐに始めることができるでしょう。

フリーランスライターの仕事内容

フリーランスライターは主にどのような仕事をするのでしょうか?そもそも、一括りに「ライター」といってもさまざまな種類の仕事があるため、まずは「ライター」の種類をご紹介します。

ライターの種類

・Webライター
Webサイトに掲載するコラム記事や、ウェブ広告の文章作成、通販サイトの商品の説明文等を書くライター

・SEOライター
検索結果で上位表示できるような記事を書くライター

・取材ライター
取材した内容をもとに記事を書くライター

・コピーライター
商品やサービスの特徴がわかりやすいよう適切に文章化し、広告や宣伝を作成するライター

・ルポライター
客観的な視点で社会問題を取材し、記事を作成するライター

・トラベルライター
海外や国内を旅行し、旅の記録や情報、各地の魅力を文章にするライター

・グルメライター
雑誌や新聞に掲載する、レストラン紹介や料理に関する記事を書いたり、時にはレシピ本の出版などに関わるライター

・ブックライター
著者の代わりに一冊の本を執筆するライター

SEOライターの仕事内容

ライターの仕事は種類によって異なるので、ここではライターの仕事の中でも募集が多い「SEOライター」の仕事内容についてご紹介します。

SEOとは「Search Engine Optimaization」の略で「検索エンジン最適化」のことを言います。SEOライターの仕事は、検索エンジン上位に載る記事を作成することです。質の良い記事を作成し、メディアの訪問者を増やすことを目的としています。

基本的にはインターネットや書籍を使って情報収集を行い、ユーザーに撮って有益なコンテンツを制作します。記事執筆には主に以下のようなステップがあります。

・企画作成
・(必要があれば)取材対象者へのアポイント、インタビュー、写真撮影
・記事執筆
・修正対応
・公開
黙々と記事を書くだけでなく、クライアントなどとコミュニケーションをとり、企画などもこなす必要があります。

フリーランスライターの平均年収

先ほど、フリーランスライターには誰でもなれるとご紹介しましたが、実際フリーランスライターとしてしっかり食べていけるのか気になるところですよね。

フリーランス白書2023によると、職業別フリーランス年数は「クリエイティブ・Web・フォト系」が400万円未満が52.2%、400万円以上が46.9%という結果になりました。

フリーランスライターの原稿料は、①記事単価と②文字単価の2種類があり、①記事単価の相場は1記事あたり1,000〜10,000円、②文字単価の相場は1文字あたり0,1〜3円程度です。

年収は、記事を書くスピードやどれくらいの仕事量をこなしたかによって変わってきます。フリーランスライターは「やればやるだけ稼げる」仕事と言えます。

一方で、初心者ライターの年収は比較的低いとされています。次項でその原因をご紹介します。

【出典】フリーランス白書2023

初心者ライターは稼げない?

初心者ライターは以下のような理由で稼ぎにくいと言われています。

・初心者ライターは文字単価が低い
・初心者ライターは仕事を取るのが難しい
・初心者ライターは記事を書くスピードが遅め

初心者ライターは文字単価が低い

初心者ライターが取り組める案件は文字単価が安めに設定されています。通常のライターであれば1文字1円の文字単価が平均ですが、初心者ライターは1文字0.1円の案件などもあります。

初心者ライターは仕事を取るのが難しい

初心者ライターは仕事を取るのが難しいとされています。ライターの仕事は時には実績やスキルが必要となります。最初から好条件の案件をとることは難しいため、文字単価の低い案件をこなして実績を積む必要があります。

初心者ライターは記事を書くスピードが遅め

記事を書くスピードとは、記事の構成を考え、タイピングするスピードのことを指します。初心者ライターでもタイピングが早い方もいるかもしれませんが、インターネットや書籍を使って情報収集をし、記事の構成を考えるという工程に初心者ライターは時間がかかりがちです。

記事の構成パターンがある程度頭に入り、情報取集の仕方にも慣れてくれば1記事2時間程度で書くことができるようになるでしょう。

フリーランスライターになるには

先ほど、初心者のフリーランスライターは稼ぎにくいとご紹介しました。フリーランスライターのみで食べていくとなると始めは難易度が高いため、ライティングの基礎を勉強し、副業等でスキルを積み、軌道に乗ってから独立するのが良いでしょう。

以下にフリーランスライターになる基本的なステップをご紹介します。

ステップ①:Webライティングを学ぶ
ステップ②:クラウドソーシングサイトに登録する
ステップ③:案件をこなして実績を積む
ステップ④:収入アップの工夫をする
ステップ⑤:フリーランスライターとして独立する

ステップ①:Webライティングを学ぶ

まずは、Webライティングについて体系的に学ぶと良いでしょう。Webライティングについて独学で勉強できる書籍などが発売されているので、そういったものを使って基礎知識を勉強しましょう。SEOの仕組みや、記事を作成する際に使用するツールの使い方などを学びます。

また、ライターの養成スクールや、初めからアルバイトとしてライターの仕事をするという手もあります。ただし、スクールに通うにはお金がかかり、アルバイトは時間を確保する必要があります。

いずれにしても、自分に合った方法でWebライターの基礎知識を身につけましょう

ステップ②:クラウドソーシングサイトに登録する

初心者ライターが実際にライティングの仕事をこなすには、クラウドソーシングサイトに登録すると良いでしょう。「クラウドソーシングサイト」とはインターネット上で仕事を発注したい企業や個人が不特定多数の人に仕事を依頼できるサービスです。

以下のようなサイトが代表的です。

これらのサービスに登録することで、さまざまな仕事を見つけることができます。

ステップ③:案件をこなして実績を積む

クラウドソーシングサイトを通じて小さな案件をこなしていくことで実績を作れば、継続的な案件の継続などにつながります。始めは始めやすい案件から挑戦し、何よりも継続することが大切です。

フリーランスのデメリットとして仕事が安定しないことが挙げられますが、長期案件を契約することができればそういった不安が解消されます。

継続してライターを続けることで単価が上がることも期待できます。

ステップ④:収入アップの工夫をする

ある程度ライターとして実績を積んだら、収入アップの工夫をしましょう。

TwitterなどのSNSを通じて案件を探すのがおすすめです。「#ライター募集」と検索をかけたり、ライターを募集している人に直接ダイレクトメッセージを送ると良いでしょう。クラウドソーシングサイトにはない好条件の案件に出会えるかも知れません。

また、自身のSNSアカウントを作り、ライターとして発信することによって自身のブランディングにつながり、案件が獲得しやすくなる可能性があります。

ステップ⑤:フリーランスライターとして独立する

ライターとして軌道に乗ってきたら、いよいよ独立しましょう。すぐに独立するのではなく注意する点が3つあるので以下にご紹介します。

・ある程度の貯金をしておく
・フリーランスのクレジットカード・銀行口座を作っておく
・開業届を提出する

フリーランスの仕事は案件が来なくなれば、収入がゼロになってしまう可能性があります。そのため、最低でも半年分の生活費程度の貯金をしておくと良いでしょう。

開業届は独立する際に提出する書類です。逆に言えば、この「開業届」を提出するだけでフリーランスになることができます。

フリーランスになると、会社員に比べてクレジットカードの審査が通りにくいです。フリーランスの収入は経費計算がしやすいなどの観点から、専用のクレジットカードと銀行口座を作っておくのがおすすめです。そのため、会社員のうちにフリーランスで使う用のクレジットカードと銀行口座を作っておくと良いでしょう。

フリーランスライターのメリット

フリーランスライターになるメリットはいくつかあります。以下に代表的な3つのメリットをご紹介します。

メリット①:スキルがなくても始めやすい
メリット②:さまざまな知識を身につけられる
メリット③:初期費用があまりかからない

メリット①:スキルがなくても始めやすい

Webライターはエンジニアなどと違い、特別なスキルがなくても始めることができます。調べたことを、わかりやすくまとめる文章力がある方は向いている仕事と言えます。

ライティングスキルは必要ですが、初めから必ずしもなくても大丈夫です。ライターとしての経験を通じて、ライティングスキルは磨くことができます。

メリット②:さまざまな知識を身につけられる

記事を書いていく段階で、記事の内容にする情報を調べる必要があり、そういった作業の中で知識が必然的に蓄積されていきます。

知識をつけるには、インプットした情報を他人に伝えるアウトプットをすることが効率的であると言われています。Webライティングはまさに知識のアウトプット行為と言えるでしょう。

メリット③:初期費用があまりかからない

Webライターの仕事はパソコンとインターネット環境があれば、今すぐにでも始めることができます。

せどりなどの副業は商品を購入し在庫を抱えるリスクがあるのに対し、Webライターはすでにパソコンを持っていて、インターネット環境が整っている方であれば初期費用がかからずに始めることができます。

リスクがほとんどないので、誰でも始めやすいと言えるでしょう。

フリーランスライターのデメリット

一方でフリーランスライターにもいくつかデメリットが存在します。以下にその代表的なデメリットを3つご紹介します。

デメリット①:収入が安定しない
デメリット②:稼ぐまでに時間がかかる
デメリット③:詳しくない分野は調べるのに時間が取られる

デメリット①:収入が安定しない

そもそもフリーランスのデメリットとして、「収入が不安定であること」が挙げられます。軌道に乗るまでは、収入が得にくく、案件がこない時は収入がゼロになってしまう可能性があります。

実績を積んで信頼を得ることで、長期契約をするなどして収入を安定させる工夫をしましょう。

デメリット②:稼ぐまでに時間がかかる

先ほど、初心者ライターは稼ぎにくいとご紹介した通り、始めたばかりは単価が低く稼ぎにくいとされています。
初めからフリーランスとして独立するのではなく、副業でライターの実績を作ってから独立すると良いでしょう。

デメリット③:詳しくない分野は調べるのに時間が取られる

当たり前ですが、自分が詳しくない分野の記事を書く際は調べるのに時間がかかってしまう場合があります。ライターとして稼ぐためには数をこなすことが重要であり、1つの記事にたくさんの時間をかけることは難しいです。

対策として、案件を選ぶ際に書くべき記事の内容をチェックし、あまりにも自分の得意分野とかけ離れた記事の案件は受けないなど工夫しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事では、フリーランスライターの仕事内容や平均年収、フリーランスライターになる方法などをご紹介しました。

フリーランスライターになるにはデメリットもメリットもあります。自分の理想の働き方に合っているのであれば、フリーランスライターとしての独立を検討してみるのはいかがでしょうか。その際に本記事が参考になれば幸いです。

副業探しにおすすめのSOKKIN MATCHとは

世の中にはたくさんの副業があるため、自分に合った副業を選ぶのが大変という方も多いのではないでしょうか?副業選びに困っているという方は、副業マッチングサービスのSOKKIN MATCHがおすすめです!ぜひ副業探しにお役立てください。

SOKKIN MATCHは企業の人材課題に対して厳選したマーケター/クリエイターをマッチングし、企業の事業課題を解決するサービスです。

SOKKIN MATCHの運営事務局は、元大手WEB代理店のトップマーケターが運営しているため厳選されたスキル診断によりミスマッチなく最適な案件へのアサインができます。

また、定期的なフィードバック面談や皆様の案件対応へのサポートにより安定したプロジェクト進行が見込め、皆様の持続的な収益拡大へのサポートが可能となります。

そして、スキル診断の結果・稼働条件・企業側からの評価などによって、SOKKIN MATCH事務局より企業側へ報酬単価アップの交渉を行います。

報酬単価アップの交渉を行うことで持続的に案件に取り組んでいただき、皆様のモチベーションアップと市場価値最大化に貢献して参ります。

こちらのWEBサイトでは、案件のご紹介や複業術など随時配信してまいりますので、無料でプロフィール・スキルシートへのご登録してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修者SOKKIN MATCH事業責任者/倉田 裕貴
SOKKIN MATCH事業責任者:倉田裕貴 株式会社SOKKIN 人材事業責任者

株式会社サイバーエージェント、シニアアカウントプレイヤーとして大手企業のコンサルに従事。WEB・アプリ問わず、運用ディレクションをメインに幅広い業種のお客様の課題へ対応してきた実績を持つ。2022年、株式会社SOKKIN入社後、SOKKIN MATCH事業責任者に従事。

\好条件求人、続々掲載中!/
SOKKIN MATCHのご登録はコチラから >




副業全般
SOKKIN MATCH
タイトルとURLをコピーしました