ペルソナマーケティングとは?| 設定方法やメリットについて解説!

副業全般
ペルソナマーケティングとは??

「ペルソナ」はラテン語の「Persona」から生まれた言葉で、仮面を意味します。人間の外向きの人格や内側に潜む自分を定義し、マーケティングにおいてペルソナは製品やサービスの具体的なユーザー象のことを指します。あたかも現実に存在しそうな人物を設定してユーザーの行動や思考の傾向を分析し、ユーザーに寄り添ったマーケティング、プロモーション施策を打ち出すことを目的としています。

ペルソナを設定するメリット、重要性

マーケティングにおいてユーザーのニーズを正しく理解し、適切なメッセージを届けることはとても重要です。ペルソナを設定するメリットはユーザに対する理解を深められることです。ユーザに対する理解を深めることができると、マーケティングにおけるカスタマージャーニーの検討やコンテンツ設計などの場面で、「ペルソナの佐藤さんならどう思うだろうか、どう行動するだろうか」とよりユーザーの視点に立って詳細に考えることができます。これは最適なマーケティングを提供するために大いに有効となるでしょう。

ペルソナとターゲットの違いとは?

マーケティングにおいて類似した概念として「ターゲット」があります。この記事を読んでいる皆さんの中にこの言葉が浮かんだ方もいらっしゃるのではないでしょうか?ターゲットとペルソナの大きな違いは対象とするユーザーの母数です。先述の通りペルソナは具体的な一人の人物を想定します。一方、ターゲットは対象となるユーザー層、集団を指します。例えばペルソナだと「30代女性の佐藤さん(特定の人物)」となりますが、ターゲットを指し示すときは「20代 男性 会社員 フィットネスに興味がある(集団)」などという感じです。マーケティングにおいてはどちらも設定することが必要です。ターゲットは商品やサービスの対象とする市場や顧客を絞り経営資源やマーケティング資源を集中させるために行います。一方、ペルソナは顧客を深く理解し、潜在的なニーズを把握するために設定します。これは商品やサービス開発や認知や来店につながる施策も検討し最適な施策を打ち出すことに貢献します。本記事ではペルソナについて詳しく解説していきます。

ペルソナの設定方法、やり方

ペルソナの設定方法は大きく4つのフェーズ分けることができます。

1 情報収集

具体的な人物像を作るために必要な情報を集めます。方法としては次のものが挙げられます。

・ユーザーへのインタビューやアンケート
・政府のデータを活用
・SNSでの反応収集
・営業担当者へのインタビュー

ユーザーの生の声は貴重な資源です。また、直接お客さんと接している営業担当者からも有益な情報を集めることができる可能性が高いです。その他、政府が公開しているデータやSNSでの反応を集めることもペルソナを設計する上で役立つでしょう。

2 情報を整理する

次にデータが集まったら情報を整理します。集まった多大なデータの中から分類したり、取捨選択をして必要な情報を絞っていきます。パターンや共通の特徴を抽出し、年齢、性別、興味関心、ニーズ、悩みなどからどのような特性を持っているか把握します。

3 ペルソナを完成させる

データ分析の結果をもとに、ペルソナを作成します。ここで重要なのはいかに本当に実在しそうな人物を構想できるかです。調査で得たリアルな声をもとに、具体的なキャラクターとして表現します。表現する側面としては以下のようなものがあります。

・名前
・年齢
・職業
・興味関心
・バックグラウンド
・ニーズや目標

4 ペルソナマーケシングの実施

ペルソナが完成したら、マーケティング施策の中で活用していきます。活用シーンは様々ですが、これから行う予定の施策をよりユーザーにマッチさせたい場面で役立ちます。具体的にはプロダクト開発や改善においてペルソナの視点から製品やサービスを見直して、ユーザーエクスペリエンスを向上させたり、コンテンツ戦略においてペルソナごとに最適なコンテンツを構想し、ペルソナの興味や関心に合わせたコンテンツを提供しブランドの認知を向上させたり、広告やキャンペーンにおいてターゲティングやメッセージの作成をユーザーにフィットさせ、特性に合わせた広告やキャンペーンを展開することでより効果を上げることができます。

注意点

上記のようにマーケティングにおいて大いに役立つ可能性がある「ペルソナ」ですが、ペルソナマーケティングを行う上で注意しなければならない点が3つあります。

1 現実に即したユーザー像を定義する

ペルソナを作成する上で注意しなければいけない点の1つは、想像や思い込みで存在し得ないようなペルソナを作成してしまうことです。ペルソナを作成する際には事前に情報収集や調査を行い、正確で現実的なペルソナを定義するべきです。

2 余分な情報を入れすぎない

ペルソナを具体的にしようとするあまり不要な情報まで追加してしまう場合があります。不要な情報を追加してしまうと、却ってユーザー像が不明確になってしまう場合があります。例えば、ソフトウェアを購入するペルソナを想定するときに好きな食べ物の情報は必要がありません。製品やサービスのユーザー像を把握するのに必要十分な情報のみ設定するよう心がけましょう。

3定期的なペルソナの見直し

マーケティング戦略において製品やサービスのターゲットに変化が生じた場合はそれに合わせてペルソナのアップデートも行いましょう。例えば、当初は40代~60代の中高年をターゲットにしていた製品が、製品自体はそのままで若い層にもリーチしたいと考えたとき、ペルソナの再設定が必要です。また、社会や流行の変化などにより製品やサービスの市場における立ち位置が変化した場合もペルソナの見直しが必要になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はペルソナマーケティングについて解説しました。ペルソナマーケティングにおいて重要なことはいかに現実に存在するような人物を構想できるかです。類似したワードとして、ターゲットがありますがマーケティングにおいてはどちらも活用していくことが重要でした。本記事がマーケティングにおいて、ペルソナを活用しより最適な施策を打つことを望む方や、ペルソナマーケティングについて知りたい方の一助となれれば幸いです。

 

副業探しにおすすめのSOKKIN MATCHとは

世の中にはたくさんの副業があるため、自分に合った副業を選ぶのが大変という方も多いのではないでしょうか?副業選びに困っているという方は、副業マッチングサービスのSOKKIN MATCHがおすすめです!ぜひ副業探しにお役立てください。

SOKKIN MATCHは企業の人材課題に対して厳選したマーケター/クリエイターをマッチングし、企業の事業課題を解決するサービスです。

SOKKIN MATCHの運営事務局は、元大手WEB代理店のトップマーケターが運営しているため厳選されたスキル診断によりミスマッチなく最適な案件へのアサインができます。

また、定期的なフィードバック面談や皆様の案件対応へのサポートにより安定したプロジェクト進行が見込め、皆様の持続的な収益拡大へのサポートが可能となります。

そして、スキル診断の結果・稼働条件・企業側からの評価などによって、SOKKIN MATCH事務局より企業側へ報酬単価アップの交渉を行います。

報酬単価アップの交渉を行うことで持続的に案件に取り組んでいただき、皆様のモチベーションアップと市場価値最大化に貢献して参ります。

こちらのWEBサイトでは、案件のご紹介や複業術など随時配信してまいりますので、無料でプロフィール・スキルシートへのご登録してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修者SOKKIN MATCH事業責任者/倉田 裕貴
SOKKIN MATCH事業責任者:倉田裕貴 株式会社SOKKIN 人材事業責任者

株式会社サイバーエージェント、シニアアカウントプレイヤーとして大手企業のコンサルに従事。WEB・アプリ問わず、運用ディレクションをメインに幅広い業種のお客様の課題へ対応してきた実績を持つ。2022年、株式会社SOKKIN入社後、SOKKIN MATCH事業責任者に従事。

\好条件求人、続々掲載中!/
SOKKIN MATCHのご登録はコチラから >




副業全般
SOKKIN MATCH
タイトルとURLをコピーしました