マーケターを業務委託するメリットとは?業務委託できる内容まで徹底解説!

採用・教育

優秀な複業人材のエントリー急増中 希望の人材がいるか無料でチェック

  • スキル診断により、最適な優秀人材をアサイン
  • 事務局サポートにより安定したプロジェクト進行
  • 自社でマーケティング体制を構築するための内製化支援
  • トップマーケターによる適切な課題定義
無料問い合わせ 資料請求

順調に事業は拡大したものの、マーケティングノウハウを持つ人材の獲得が間に合わず、人材確保に困っている企業の方は多いのではないでしょうか?

そこで、解決策としてマーケターの業務委託を活用するのがお勧めです。マーケティング業務は、リモート対応も可能なことから業務委託に任せやすい職種の1つとされています。さらに、業務委託を活用することによって全体的なコストが削減できるなどのメリットも期待できます。

今回の記事では、「どんなマーケティング業務を委託できるのか」「マーケターに業務委託をするメリット」などについて徹底解説していきます。

【今回の記事でわかること】
1:そもそもマーケターの業務委託とは
2:マーケターに業務委託で依頼できること
3:マーケターに業務委託するメリット

本記事を読めばのマーケター業務委託の概要がわかります。業務委託を検討されている方はぜひ最後までご覧ください。

そもそもマーケターの業務委託とは?

マーケターに業務委託をする理由

まず、マーケティング業務は大きく「Webマーケティング」「オフラインマーケティング」の2種類に分けることができます。

2つのマーケティング業務の例は以下のように細分化することができます。

【Webマーケティングの例
・広告運用
・SEO対策
・SNS広告
【オフラインマーケティングの例】
・TVCM
・新聞広告
・実店舗
上記のようにマーケティング業務は多岐に渡り、それぞれの業務をこなすのに専門性が必要です。
これら全てのマーケティング業務に精通している人材はそれほど多くなく、自社内で育成するのも簡単ではありません。
そこで、役割分担を行い、マーケティング業務をフリーランスのマーケターに業務委託するという選択肢が主流となりつつあります。

Webマーケティングの需要の高まり

「Webマーケティング」と「オフラインマーケティング」という2種類のマーケティング業務をご紹介しましたが、近年特にWebマーケティングの需要が高まっています。
Webマーケティングの需要が高まっている理由として以下の2つを挙げることができます。
・インターネットが普及し、Webでの購買行動が当たり前になった
・オフラインと異なり、運用者によって効果差が大きい
・Web広告はポスターやTVCMなどのオフライン広告に比べ効果測定が容易
インターネットが普及し、Webが身近な存在となったことで口コミやレビューなどの情報収集から、購入までの一連の購買行動がWebで完結してしまうことも珍しくありません。
商品の認知も以前はテレビや新聞といったマスメディアのCMがメインでしたが、今ではWeb広告やSNSを通した宣伝が当たり前となりました。
さらに、WebマーケティングはWeb広告がどのくらいの人に見られ、興味をもてもらえたか計測しやすいと言えます。
効果測定が容易なため広告の改善や予算決めがしやすくなり、こういった理由からもWebマーケティングの需要は今後もますます高まると言えます。
というワケで、これから近年需要が高まっているWebマーケターを例として具体的な依頼内容をご紹介します。

マーケターに業務委託で依頼できること

Webマーケターを例として考えると、以下のような内容が主な依頼内容と言えます。

【Webマーケターの主な仕事内容】
・SEO対策
・広告運用
・SNS運用
・Webサイトコンサルティング

それぞれの業務内容について、詳しく解説していきます。

マーケター系フリーランスの職種一覧について、以下の記事で詳しく解説しているので興味がある方はご一読ください。
【関連記事】マーケター系フリーランスの職種一覧!仕事別のメリット・デメリットもご紹介

SEO対策

SEOとは「検索エンジン最適化」を意味する、Search Engine Optimizationの略称です。検索エンジンとはGoogle、Yahoo!などのことを指します。SEO(検索エンジン最適化)対策をこなうことで、自社のウェブサービス等が検索エンジンで上表示され、特定のキーワードで検索している読者の流入(PV)を増やすことが期待されます。

SEO対策とは、以下のような業務を指します。

・検索意図を満たせるコンテンツの作成
・サイトの各種機能を充実
・サイトが外部に引用されるように、公式SNSの活用
細かく言うとWebサイトが検索結果の上位に表示されるために、見出しの最適化コンテンツの高品質化適切なキーワードの設定などを行います。どれも専門性が求められる業務です。

広告運用

「広告主がクリエイティブや配信先、予算などをリアルタイムで変更できる広告」のことを運用型広告と言います。

こういった運用型広告の設定変更や改善を行うのが広告運用業務です。

当然広告を掲載するためには費用がかかるため、効果がなければ赤字となってしまいます。

そのため、広告を効率的に運用することが企業にとって重要でありWebマーケターの実力が鍵となってきます。

SNS運用

SNSはいまやビジネスツールとして必要不可欠な存在です。

Instagramで女性向けファッション広告を掲載すると、Googleを経由した広告の流入よりも多いと言うケースがあります。

Instagramのみならず、TwitterやFacebook、YouTubeやTikTokなどの需要は増加傾向にあります。

今後もSNSマーケティングは企業にとって欠かせない業務になると予想できるため、力を入れるべき分野と言えます。

Webサイトコンサルティング

「Webサイトコンサルティング」とは、Webサイトの運用や改善をサポートする業務です。

企業の収益拡大を実現するために、GoogleAnalyticsやヒートマップツールなどを活用して、運用・分析・改善に至るまで、戦略やアドバイスを提供します。

マーケターに業務委託するメリット

ここでは、マーケターに業務委託する主なメリットを紹介していきます。

メリット①:コスト削減効果がある
メリット②:スキルの高い人材に出会える
メリット③:すぐ人材を獲得できる

メリット①:コスト削減効果がある

一定期間のみ人材が必要な場合は、新たに社員をもう1人雇うよりも、業務委託を利用した方がコスト削減効果の実現が期待できます。

業務委託は正社員と比べて、社会保険や交通費などの固定費が発生しません

必要な時だけ採用することで、できるだけ費用を抑えつつ効率的に業務を回すことができます。

メリット②:スキルの高い人材に出会える

業務委託では、社員採用よりもハイスキルな人材に出会える可能性が高いという特徴があります。

副業やフリーランスとして業務委託を請け負うマーケターは、原則としてある程度の実務経験を積んでおり、スキルがある人材です。

そのため、中途採用ではなかなか出会えないような人材にすぐに出会うこともできます。

また、特にマーケティング業務はリモートで対応可能なため、業務人材が確保しやすい傾向があります。

メリット③:すぐ人材を獲得できる

業務委託人材は、募集から数週間以内などスピーディーな稼働が可能です。

正社員採用をした場合、内定承諾や引き継ぎ作業などを行う関係で入社までに数ヶ月かかる場合もあります。

一方で、業務委託を活用すれば、自社が欲しいスキルや実績を持つ人材を選ぶことで、即戦力としての活躍が期待できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では、「マーケターに業務委託で依頼できること」や「マーケターに業務委託するメリット」ついてご紹介しました。

以下に今回のポイントをまとめました。

・インターネットの普及によりWebマーケティングの重要性が増し、Webマーケターの需要が高まっている。
SEO対策、広告運用、SNS運用、Webコンサルティングなどの業務を委託することができる。
・業務委託には、コスト削減効果があるスキルの高い人材に出会えるすぐ人材を獲得できる等のメリットがある。

この記事を読んで、業務委託を利用する多くのメリットがわかったのではないでしょうか。

一方で、ミスマッチなく優秀なマーケターを業務委託する方法がわからないと言う場合もありますよね。

SOKKINMATCHではマーケターの業務委託の紹介も行っています。優秀なマーケター人材確保にお悩みの場合はお気軽にご相談ください。

SOKKINMATCHとは

SOKKIN MATCH(ソッキンマッチ)は企業の人材課題に対して厳選したマーケター/クリエイターをマッチングし、企業の事業課題を解決するサービスです。

SOKKIN MATCHの運営事務局は、元大手WEB代理店のトップマーケターが運営しているため厳選されたスキル診断によりミスマッチなく最適な案件へのアサインができます。

また、定期的なフィードバック面談や皆様の案件対応へのサポートにより安定したプロジェクト進行が見込め、皆様の持続的な収益拡大へのサポートが可能となります。

お問わせは無料で承っております。まずはお気軽にご相談ください。

 

この記事の監修者SOKKIN MATCH事業責任者/倉田 裕貴
SOKKIN MATCH事業責任者:倉田裕貴 株式会社SOKKIN 人材事業責任者

株式会社サイバーエージェント、シニアアカウントプレイヤーとして大手企業のコンサルに従事。WEB・アプリ問わず、運用ディレクションをメインに幅広い業種のお客様の課題へ対応してきた実績を持つ。2022年、株式会社SOKKIN入社後、SOKKIN MATCH事業責任者に従事。

\優秀なマーケターが続々登録中/
SOKKIN MATCHの問い合わせはコチラから>


採用・教育
SOKKIN MATCH
タイトルとURLをコピーしました