【複業面接】評価ポイント4選!事前準備・面接での注意点など

副業全般

フリーランス・複業においても、企業側は適切な人材を見極めるため面談にて選考するのが一般的です。
本記事では面談の注意点と対策について、特に重要な4点についてまとめました。

提案力

企業側がプロ人材にお仕事をお任せしたい場合、具体的にどうしたらいいかわからないから依頼したい、というケースがあります。
こちらから具体的な提案ができれば、すぐ信頼に繋がりますし、仕事のしやすさを実感してもらいやすいです。
特に新規事業の開拓などにおいてその傾向が重要視されますし、面接時においても提案力を試されることでしょう。
発言を恐れない心だけでなく、論理的な提案をしていくスキルを身につけましょう。

実績

企業側もプロ人材にお仕事を依頼したいので、実績は重要視される傾向にあります。
自身の実績を示すために、ポートフォリオや具体的なエピソード、定量的な結果などイメージしやすい情報を充実させることが大切です。

専門知識

こちらも実績と同じように、重要な情報になります。
その専門的な知識が依頼したい案件に対しどのように活用できるのか、具体的に質問がされます。
面談時に話せる情報はしっかりと用意しておきましょう。

転職回数の多さ

通常の正社員採用では、転職回数の多さはネガティブに捉えられることが多いですが、
業務委託採用においては真逆で、「様々な企業を渡り歩き経験を積んだ人材」とポジティブな評価を受けることが多いです。
ただし、転職スパンが1年未満など、短すぎる場合はマイナス評価となってしまうこともあるので、伝え方には注意が必要です。

SOKKIN MATCHとは

SOKKIN MATCHは企業の人材課題に対して厳選したマーケター/クリエイターをマッチングし、企業の事業課題を解決するサービスです。

SOKKIN MATCHの運営事務局は、元大手WEB代理店のトップマーケターが運営しているため厳選されたスキル診断によりミスマッチなく最適な案件へのアサインができます。

また、定期的なフィードバック面談や皆様の案件対応へのサポートにより安定したプロジェクト進行が見込め、皆様の持続的な収益拡大へのサポートが可能となります。

そして、スキル診断の結果・稼働条件・企業側からの評価などによって、SOKKIN MATCH事務局より企業側へ報酬単価アップの交渉を行います。

報酬単価アップの交渉を行うことで持続的に案件に取り組んでいただき、皆様のモチベーションアップと市場価値最大化に貢献して参ります。

こちらのWEBサイトでは、案件のご紹介や複業術など随時配信してまいりますので、無料でプロフィール・スキルシートへのご登録してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修者SOKKIN MATCH事業責任者/倉田 裕貴
SOKKIN MATCH事業責任者:倉田裕貴 株式会社SOKKIN 人材事業責任者

株式会社サイバーエージェント、シニアアカウントプレイヤーとして大手企業のコンサルに従事。WEB・アプリ問わず、運用ディレクションをメインに幅広い業種のお客様の課題へ対応してきた実績を持つ。2022年、株式会社SOKKIN入社後、SOKKIN MATCH事業責任者に従事。

\好条件求人、続々掲載中!/
SOKKIN MATCHのご登録はコチラから >




副業全般
SOKKIN MATCH
タイトルとURLをコピーしました