プロジェクトマネージャーとは?年収・仕事内容・必要なスキルをご紹介 !

副業全般

プロジェクトマネージャーとは、現場全体の管理を行う職種であり、高いマネジメントやリーダーシップなどの多岐にわたるスキルが求められます。

IT業界に限らず、様々な業界において大規模なプロジェクトが行われるに伴い、プロジェクトマネージャーの需要は年々高まってきました。

今回の記事では、プロジェクトマネージャーの仕事内容や、求められるスキルなどについてご紹介します。

【今回の記事でわかること】
1:プロジェクトマネージャーとは
2:プロジェクトマネージャーの仕事内容
3:プロジェクトマネージャーの年収
4:プロジェクトマネージャーに求められるスキル
5:プロジェクトマネージャーになるためにおすすめの資格

本記事を読めばプロジェクトマネージャーの概要がわかります。プロジェクトマネージャーになるためにおすすめの資格などついてもご紹介しているので、これからプロジェクトマネージャーを目指したい方や興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

プロジェクトマネージャーとは

プロダクトマネージャーとは、プロジェクトを期日までに達成するため、様々なマネジメント業務を行う職種です。

具体的には、プロジェクトの企画から、人材の確保、費用の確保、進捗の管理など多岐にわたる業務を行います。

プロジェクトリーダーとの違い

プロジェクトリーダーとは、現場に出て、チームの意見をまとめて関係者に提案を行うなどの業務を行います。

「プロジェクトマネージャー」=プロジェクト全体の管理理者
「プロジェクトリーダー」=現場の管理者

このように覚えて、2つを区別すると良いでしょう。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーの業務は様々です。ここでは、主なプロジェクトマネージャーの仕事内容をご紹介します。

事業のゴール設定

顧客の要望をヒアリングし、達成目標から逆算して業務に取り掛かるためにも、明確なゴール設定は欠かせません。特にゴールを曖昧な目標としてでなく、明確な数値設定をすることが重要と言えます。

プロダクトマネージャーは、顧客の要望を聞くなどして、具体的なゴールを設計します。

企画・計画立案

プロジェクトマネージャーは規模や予算、スケジュールについて把握し、必要となる人材や、費用などを確保する必要があります。

チームの編成

必要な人材や予算が確保できたら、プロジェクトチームを編成し、作業環境を整えていきます。

プロジェクト全体の進行管理

プロジェクトがスタートしたら、プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体の進行管理を行います。プロジェクトの目的やスケジュール、納期などをチームメンバーに共有し、各セクションの進行を随時チェックします。さらに、問題が発生した際は、率先して改善策を講ずる役割を担います。

対人関係サポート

プロジェクトマネージャーは、顧客とチーム間の調整役を担うだけでなく、チーム内のトラブルにも対処する必要があります。

プロジェクトの評価

プロジェクトが終わった後も、プロジェクトに対するレビューなどを参考にし、問題点や改善点を検証します。

プロジェクトマネージャーは予算の管理や人材確保だけでなく、対人関係のサポートなど、様々なスキルが求められる仕事であることがわかったのではないでしょうか。

プロジェクトマネージャーの年収

プロジェクトマネージャーの平均年収は約700万円ほどで、他の職種に比べて高い傾向にあるます。プロジェクトマネージャーの仕事の幅と、責任感を考えれば妥当な結果と言えるでしょう。

ITエンジニアの職種別平均年収(平均年収(全体)の高い順並べ)

職種 平均年収(全体) 平均年収(年代別)
20代 30代 40代 50代以上
プロジェクトマネジャー 686万円 497万円 683万円 804万円 852万円
プリセールス 594万円 434万円 576万円 885万円
ITコンサルタント 590万円 448万円 655万円 871万円 884万円
IT戦略/システム企画 587万円 412万円 532万円 687万円 828万円
研究開発 549万円 407万円 628万円 772万円 809万円
データサイエンティスト 513万円 445万円 587万円 718万円
システム開発/運用 463万円 369万円 503万円 581万円 630万円
セキュリティエンジニア
(脆弱性診断/ネットワークセキュリティ)
457万円 367万円 519万円
サーバーエンジニア 453万円 383万円 516万円 604万円 732万円
パッケージ導入/システム導入 441万円 386万円 505万円 635万円
ネットワークエンジニア 436万円 363万円 504万円 655万円 716万円
制御系ソフトウェア開発 428万円 355万円 501万円 647万円 654万円
スマホアプリ/
ネイティブアプリ系エンジニア
426万円 364万円 503万円
Webサービスエンジニア 417万円 365万円 482万円 602万円 630万円
SE/プログラマ 413万円 364万円 481万円 563万円 572万円
データベースエンジニア 403万円 359万円 467万円
テクニカルサポート 397万円 346万円 413万円 494万円 541万円
デバッグ/テスター 376万円 324万円 391万円 497万円 679万円
運用/監視/保守 364万円 328万円 415万円 504万円 533万円
ヘルプデスク 342万円 302万円 358万円 443万円 464万円

出典:doda「平均年収ランキング2022年版」

プロジェクトマネージャーに求められるスキル

プロジェクトマネージャーは様々なスキルが必要と言われています。具体的に必要とされるスキルを見ていきましょう。

マネジメントスキル

プロジェクトマネージャーという名前の通り、プロダクトマネージャーの仕事内容は主に「マネジメント」に関するものです。プロジェクトの規模や、予算、スケジュールなどを見て、利益を出せるようにマネジメントする能力が欠かせません。

コミュニケーションスキル

チーム内だけでなく、顧客を含む社外の関係者ともプロジェクトを円滑に進めていくために、プロジェクトマネージャーには高いコミュニケーションスキルが求められます。

リーダーシップ

プロジェクトはチーム一丸となって進めていく必要があります。そのため、プロジェクトマネージャーは、チームをまとめるために様々な場面でリーダーシップを発揮する必要があります。

プロジェクトマネージャーになりたいというキャリアプランを描いている方は、これらのスキルが自分に身についているか確認し、身についていない場合は今の業務の中で身につけるなどの工夫を行うのがおすすめです。

プロジェクトマネージャーになるためにおすすめの資格

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験とは、「ITパスポート」なども分類されている「情報処理技術者試験」の1つです。

受験対象者は、「高度IT人材として確立した専門分野をもち、組織の戦略の実現に寄与することを目的とするシステム開発プロジェクトにおいて、プロジェクトの目的の実現に向けて責任をもってプロジェクトマネジメント業務を単独で又はチームの一員として担う者」とされています。

取得すれば、プロジェクトマネジメントに関する十分な知識を有していることを証明できるでしょう。

詳しい内容は公式HPをご覧ください。

出典:情報処理推進機構「プロジェクトマネージャ試験」

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では、プロジェクトマネージャーについてご紹介しました。

平均年収の高さが物語っっているように、プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体の管理を行う、非常に重要で責任感が求められる仕事です。

未経験からプロジェクトマネージャーになるという場合はほとんどなく、SEやプロジェクトリーダーなどの経験を積みながらキャリアアップした後になるのが一般的です。

プロジェクトリーダーを目指している、興味があるという方は少しずつマネジメント業務を経験していくと良いでしょう。

副業探しにおすすめのSOKKIN MATCHとは

世の中にはたくさんの副業があるため、自分に合った副業を選ぶのが大変という方も多いのではないでしょうか?副業選びに困っているという方は、副業マッチングサービスのSOKKIN MATCHがおすすめです!ぜひ副業探しにお役立てください。

SOKKIN MATCHは企業の人材課題に対して厳選したマーケター/クリエイターをマッチングし、企業の事業課題を解決するサービスです。

SOKKIN MATCHの運営事務局は、元大手WEB代理店のトップマーケターが運営しているため厳選されたスキル診断によりミスマッチなく最適な案件へのアサインができます。

また、定期的なフィードバック面談や皆様の案件対応へのサポートにより安定したプロジェクト進行が見込め、皆様の持続的な収益拡大へのサポートが可能となります。

そして、スキル診断の結果・稼働条件・企業側からの評価などによって、SOKKIN MATCH事務局より企業側へ報酬単価アップの交渉を行います。

報酬単価アップの交渉を行うことで持続的に案件に取り組んでいただき、皆様のモチベーションアップと市場価値最大化に貢献して参ります。

こちらのWEBサイトでは、案件のご紹介や複業術など随時配信してまいりますので、無料でプロフィール・スキルシートへのご登録してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修者SOKKIN MATCH事業責任者/倉田 裕貴
SOKKIN MATCH事業責任者:倉田裕貴 株式会社SOKKIN 人材事業責任者

株式会社サイバーエージェント、シニアアカウントプレイヤーとして大手企業のコンサルに従事。WEB・アプリ問わず、運用ディレクションをメインに幅広い業種のお客様の課題へ対応してきた実績を持つ。2022年、株式会社SOKKIN入社後、SOKKIN MATCH事業責任者に従事。

\好条件求人、続々掲載中!/
SOKKIN MATCHのご登録はコチラから >




副業全般
SOKKIN MATCH
タイトルとURLをコピーしました