未経験でも大丈夫?マーケティング職への転職について徹底解説!

副業全般

商品の企画や販売促進に興味がある!という方で、マーケティング職への転職を考えている方は多いかと思いますが、マーケティング職は専門的なスキルを必要とするため、未経験での転職は難しいといわれています。しかし、近年ではSNSの普及をきっかけにマーケティングが身近になり、未経験でも転職できる可能性が高まってきていることをご存じですか?

本記事では、マーケティング職への転職を考えている方に向けて、マーケティング職の仕事内容についてや未経験で転職する方法などを解説していきます。

【今回の記事でわかること】
・マーケティング職の仕事内容
・未経験でマーケティング職に転職する方法
・マーケティング職に必要なスキル

 

マーケティング職って?

マーケティング職とは、商品やサービスを成功させるために戦略を立てて実行する職種です。具体的には、顧客のニーズの分析や競合他社との差別化ポイントを見つけ出すこと、広告やプロモーションを通じて商品の魅力を伝えることなどによって、売り上げや市場シェアの向上を図ります。マーケティング職は、商品・サービスの販売においての根幹にあたる非常に重要な仕事です。

そして、マーケティング職の選択肢は「企業内のマーケティング部門として働く」か「マーケティング支援会社で他の企業から依頼を受ける」か、大きく分けて2つあります。それぞれの特徴や業務内容の違いを見ていきましょう。

企業内のマーケティング部門

主な業務内容として、自社の商品やサービスの企画開発の段階から深くかかわり、市場調査や競合分析、営業戦略や広告宣伝まで、ほぼすべての業務を担当することになります。

商品・サービスに0から関われることは、非常にやりがいがあり、達成感を感じることができるでしょう。

しかし、社内に設けられているマーケティング部門に正社員として所属するという選択肢は、その分ある程度の知識や経験、実績などが求められます。マーケティング部門への転職を希望していた場合でも、まずは別の部門で経験を積んで、それからマーケティング部門への異動を目指すというケースは少なくありません。企業のマーケティング部門での活躍を目指すには、まずはターゲット層や市場に対する理解と、販売商品に関する知識の習得が必要です。

マーケティング支援会社

主な業務内容はクライアントとなる企業の商品やサービスのマーケティングを代行して行うことで、クライアントが持つマーケティング課題に対して適切な支援をしていきます。マーケティングとしての業務はもちろん大きく変わりませんが、企業内のマーケティング部門がその企業の商品やサービスに特化しているのに対して、ここでは複数のクライアントと取引し異なる業界やビジネスに対応することになります。また、短期的なプロジェクトや特定の業務に特化したサービスを提供することが多く、効率的な作業プロセスやリソースの最適活用が求められます

さまざまな業界にふれクライアントに合わせた多種多様なマーケティングをおこなうことは、自身のマーケターとしてのスキルアップにつながりやすく、マーケターとして成長したい方にはとても良い環境です。また、企業内のマーケティング部門と比較して、未経験からの転職を目指した場合も採用される可能性があるため、未経験からマーケターへの道を考えている方には特におすすめの選択肢です。

 

マーケティング職の仕事内容

マーケティング職として商品を売り出すまでの一連の流れを紹介します。

調査・分析

これ以降の商品企画や営業戦略などすべての業務において、この調査と分析で得た情報が的確な戦略を立案・実行するための根拠となり、意思決定の基礎となります。マーケティングにおいて市場調査や競合調査などの調査・分析は非常に重要な仕事内容です。顧客のニーズや市場のトレンド分析を経て、企業のビジョンや目標に合わせたマーケティング戦略を立案します。

市場調査

企業が顧客のニーズや市場の動向を把握するために行うのが市場調査です。インターネット、電話、街頭インタビューやアンケートを行ったり、現地訪問をして市場の動向を把握したりして集めたデータから、潜在的な顧客のニーズやトレンド、市場の成長の予測などをしていきます。正確な情報を得ることが重要です。

競合分析

競合分析は、企業が競合他社の商品やサービス、マーケティング戦略、強み・弱みを評価するための調査・分析プロセスのことです。自社の競争力を理解し、市場での競合相手との差別化ポイントを見つけ出すことができます。競合他社を自社と比較しながら市場の全体像を把握し、自社の位置づけを理解する中で、競合他社の弱みや改善点から市場での機会の発見につなげていきます。

企画

調査・分析から得た情報に基づいて、商品やサービスを企画していきます。具体的には、コンセプトや世界観、独自性、継続的な利益獲得の仕組みについて考え、試作品をチェックしながら改良、経営陣に対して商品化に向けたプレゼンテーションを行うところまでです。

企画においてはターゲット市場を深く理解することが特に重要で、顧客の属性、購買行動、ニーズ、嗜好など調査の段階で押さえてターゲット市場の特徴をつかむ必要があります。

営業戦略・販売促進

売れる商品の企画に対し、どう売るかを考えるのもマーケティング職の仕事です。どんな人に(ターゲット層)、どんなところで(販売エリア)、どんな方法で(広告や販売方法)売るべきかを検討していきます。「いかにして商品を知ってもらい手に取ってもらうか」という点から、キャンペーンや期間限定販売を考案するといったことも営業戦略の一つです。非常に発想力や予測力が試される仕事かもしれません。

宣伝

商品をより魅力的に見せるために、パッケージやキャッチコピーなどの広告デザインをどうするか、起用するタレントを誰にするかなど、広告の戦略を立てていきます。どんな宣伝がターゲットに刺さるのかを考えるのもマーケティングのうちですが、具体的な広告デザインを考える宣伝部門があったり、外部の専門業者に委託したり、その方法は企業によってさまざまです。

 

未経験でも転職できる?

未経験での転職は難しい

結論から言って、未経験でマーケティング職へ転職するのは難しいでしょう。なぜなら、マーケティング職は専門性が高く、多くの知識とスキルがなければ採用されない職種だからです。企業のブランディングや商品の売り上げはマーケティング次第と考えると、採用担当者が未経験を採用しようとしてくれる可能性は低いと容易に予測できます。

未経験者に対して教育・研修を行うような企業も少なく、企業は基本的に即戦力を求めているので、未経験での転職は難しいのが現実です。

未経験でマーケティング職に転職するには

とはいえ、マーケティング職への転職が不可能なわけではありません。特に20代であれば、転職できる可能性は大いにあります。

そして、未経験でのマーケティング職への転職を目指す方におすすめなのがWebマーケティング職です。

Webマーケティング(デジタルマーケティング)

Webマーケティング:Webサイトやアプリなどインターネットを活用して商品やサービスの販売促進・ブランドの広告・宣伝を行うマーケティング

近年、WebマーケティングはSNSの普及に伴う市場動向の変化からどんどん重要が増加しています。未経験の方におすすめな理由の1つは、他のマーケティング職よりもハードルが非常に低いという点です。ほとんどの人が日常的に使用するサイトやアプリを活用した業務であること、客層やサイトの閲覧数、リピート率などほとんどすべての数値が明確にデータとして得られるため分析が容易であることは、未経験者にとってマーケティングを始めるのにとても良い特徴といえます。

未経験の方におすすめな理由2つ目は、誰でも簡単に使えるSNSによるマーケティングであるため、アピールできる経歴が作りやすい点というです。自分でサイトを運営したり、SNSを使った調査や分析をしたり、マーケティングに必要な知識や経験を自ら得ることが簡単にできるため、マーケティングを学び実践すれば転職の際にアピールすることができます。例えば、20代女性に向けた情報を発信するインスタグラムのアカウントを自分で運営して、もしフォロワーが多くつけばそれを実績として紹介することもできます。

 

マーケティング職に必要なスキル

企業によって求める人物像は異なるかと思いますが、以下に紹介するスキルは、身につけていればマーケティング職への転職に必ず有利に働くでしょう。

コミュニケーション能力

マーケティング職は、開発や営業などプロジェクトを進める上での別の部門のチームメンバーなど多くの人とコミュニケーションをとる機会があり、その中でもチームをまとめたりアイデアを共有したりする力は必須になってきます。また、企画をプレゼンすることも多いため、考えを論理的に伝え、説得力のある説明をする力も必要です。マーケティング未経験でも、コミュニケーション能力やリーダーシップがあることをアピールできれば非常にいい印象を与えることができるでしょう。

情報収集力・分析力

正しい情報を集め、客観的にデータを分析することはマーケティングにおいて必須の能力です。最新のトレンドや流行しそうなものなど、常に意識して情報を取り入れていく必要があります。日々、テレビや雑誌、SNSなど様々な媒体から情報を仕入れる習慣を身につけると良いでしょう。特にWebマーケティング職を目指す場合は、InstagramやTwitterなどのページのインサイトが分析できると有利になります。

仮説推論能力

マーケティング職は、集めた情報に対して仮説を立て、それを説明付けるようなデータや考えを適切に伝える必要があります。企画や立案に携わる職種ですので、クリエイティブな発想力だけではなく、市場動向や顧客のニーズを理解した上で仮説を立て、それを裏づけるデータが集められるようになるとよいでしょう。

資料作成のためのツール

マーケティング職は集めたデータやそれに基づく自身の考え、企画内容などを周囲に伝える必要があるため、企画書やプレゼン資料を作成するときにわかりやすく見やすい資料を作成することは必須のスキルになります。

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint

といった基本的なツールは使えるようになっておきましょう。同時に、デザインのスキルもあればより見やすく伝わりやすい資料が作れるかもしれません。

 

転職に活かせる資格

マーケティングに関する資格の中で、転職に有利になる未経験者におすすめな資格をいくつか紹介します。

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング実務の知識を総合的に判定する試験で、業種・業界にとらわれない共通のマーケティング知識を得られます。マーケティング理論に限らず、実務知識や時事情報・実務時例も習得することができます。3つの難易度が用意されていて、公式の試験対策講座やテキストも充実しているので非常に勉強しやすい資格です。

公式サイト:マーケティング・ビジネス実務検定

ネットマーケティング検定

Webマーケティングに特化した試験で、基本的なことから広告やWebサイトの構成・リサーチ・関連法規まで、体系的、網羅的に習得できます。インターネットの特性を理解し、マーケティングに活かすことができる試験です。

公式サイト:ネットマーケティング検定

Webアナリスト検定

主にGoogleアナリティクスを体系的に学べる試験です。ユーザーフローに沿ったデータ分析の考え方など、データ整理や分析のポイントを習得できます。Web戦略に求められる知識全般が習得できるので、Webマーケターを目指す方におすすめです。

公式サイト:Webアナリスト検定

 

どれもマーケティング職に必須の資格ということはありませんが、未経験からマーケティング職への転職を目指す際には、これらの資格取得をしておくとその可能性を大きく広げることができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事では、未経験でマーケティング職に転職する方法を解説しました。

特に、Webマーケターの需要は今後もより一層増えることが予想されています。未経験でマーケティング職に興味がある方は、ぜひWebマーケティング職を目指してみてはいかがでしょうか。

本サイトの情報が参考になれば幸いです。

 

副業探しにおすすめのSOKKIN MATCHとは

世の中にはたくさんの副業があるため、自分に合った副業を選ぶのが大変という方も多いのではないでしょうか?副業選びに困っているという方は、副業マッチングサービスのSOKKIN MATCHがおすすめです!ぜひ副業探しにお役立てください。

SOKKIN MATCHは企業の人材課題に対して厳選したマーケター/クリエイターをマッチングし、企業の事業課題を解決するサービスです。

SOKKIN MATCHの運営事務局は、元大手WEB代理店のトップマーケターが運営しているため厳選されたスキル診断によりミスマッチなく最適な案件へのアサインができます。

また、定期的なフィードバック面談や皆様の案件対応へのサポートにより安定したプロジェクト進行が見込め、皆様の持続的な収益拡大へのサポートが可能となります。

そして、スキル診断の結果・稼働条件・企業側からの評価などによって、SOKKIN MATCH事務局より企業側へ報酬単価アップの交渉を行います。

報酬単価アップの交渉を行うことで持続的に案件に取り組んでいただき、皆様のモチベーションアップと市場価値最大化に貢献して参ります。

こちらのWEBサイトでは、案件のご紹介や複業術など随時配信してまいりますので、無料でプロフィール・スキルシートへのご登録してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修者SOKKIN MATCH事業責任者/倉田 裕貴
SOKKIN MATCH事業責任者:倉田裕貴 株式会社SOKKIN 人材事業責任者

株式会社サイバーエージェント、シニアアカウントプレイヤーとして大手企業のコンサルに従事。WEB・アプリ問わず、運用ディレクションをメインに幅広い業種のお客様の課題へ対応してきた実績を持つ。2022年、株式会社SOKKIN入社後、SOKKIN MATCH事業責任者に従事。

\好条件求人、続々掲載中!/
SOKKIN MATCHのご登録はコチラから >




副業全般
SOKKIN MATCH
タイトルとURLをコピーしました